クレジットカードでは申し込みした内容に変更が生じた場合には、変更届をする必要がありますが、届出が面倒で行わない人も数多くいるのが現状です。 しかし、届出を行わないことで思わぬトラブルとなることも多々あります。基本的に変更届はクレジットカード会員規約で義務付けられている義務なので、最悪 の場合は会員資格の取り消しもありうる重要なことなのです。

特に紛失盗難届けは重要です。

紛失と盗難はまったく違いますがクレジットカードに関してはワンセットで考えられています。カード盗難保険の対象原因が紛失等盗難であることと、ど ちらの場合もクレジットカードを悪用される可能性があるからです。クレジットカードを紛失したり盗難にあった場合には、すぐにクレジットカード会社に連絡 する必要があります。クレジットカードを無効登録して悪用を防ぐためです。これは警察への届出よりも優先することが重要です。クレジットカード会社への連 絡は5分程度で済みますが、盗難届けは数十分かかってしまいます。この間に悪用されることもあるので、無効依頼を優先しましょう。

紛失や盗難の場合に同時に運転免許証や健康保険証もなくす場合があります。これらを利用して消費者金融からお金を借りられてしまう危険もあります。 個人信用情報機関などでは本人申告制度があり、身分証明書が悪用される可能性がある場合でもコメントを残すことができます。加盟している与信会社はこのコ メントを参照して審査を行うので悪用を防止できることがあります。警察への届出のほかにこういった制度も利用しましょう。

ここではクレジットカードの各種変更届に関する情報を提供しています。届出が必要な変更にはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。もし、 届出していないものがあればこれを機会に届出しておくことも将来のトラブルを避けるためには重要なことです。

【相互リンク集】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65

コメントは受け付けていません。